畑にまく白い粉

農家

早いもので気づけばもう9月もあと半分ですね。11月頃にはキャベツの出荷が始まります

8月20日頃からキャベツを植えているんですがキャベツを植えるだけでなく植えるまでに畑の準備もやっています。

今日はこんな感じで畑に白い粉をまいた話です。

なんじゃこれ?と思われる方かほとんどだと思いますが雨が降ると土が酸性になっていくのでそれをアルカリ性にするためにこれをまきます

アルカリ性の方が苗に良いのでこのようにまいてます

だいたいこのサイズの畑で7袋ぐらい使います。一袋300円ぐらいなので畑に2100円をばら撒いている感じになります。

全部まいたらこんな感じに

畑一面真っ白になります。

これはトラクターにのってひたすら畑の中をぐるぐるぐるぐる回ります。

なくなったらまた足して、また回って、足してをひたすら繰り返します。

これで少し日にちを置いてからトラクターでかき回します。

これで完了です。

写真3枚とも場所は違いますがこれをもっている畑全部やります。

トラクターは冷房があるとはいえ最初は楽しくやっていますが時間がたつにつれてだんだん疲れてきます、冷房をもろにあびるので余計に疲れるです。

こんな感じに畑の中をぐるぐるぐるぐるなにも植えていない時はしています。

キャベツを植えたときも畑をぐるぐるぐるぐるして様子をみます。

余談ではありますが畑をかき回している時にカラスやほかの鳥がよっていきます。

じーっと周りを見渡して何かを探しています。その探している物はなんとネズミ、、なんです。

かき回している時になんでこんなにカラスはよってくるのかな??と疑問に思っていましたが一度ネズミが連れ去られるのを見た時に納得しました。
動物も人間も生きるのに必死なんですね。負けずに頑張りましょう。

植えたキャベツ達も少しずつ大きくなってきてあと1ヶ月ちょっとしたら出荷になります。またその様子などお伝えさせていただきます。

そんな農家の話なんて興味ないよー!と思うかもしれませんが、皆さんが口にしている野菜はこうやってできるんだというのを是非知ってほしいです。

知らない物を口にするより知ってる物を食べた方が良いですよね!

より良い作物ができるように農家はいろんなことをやっています。

興味がなくても少しずつ知っていってくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました